気になる疑問 要望別

レザー(革)ジャケットのクリーニング店を徹底比較!おすすめランキングもご紹介!

大切なレザー製品。値段も高かったし、長く大切に使いたいですよね。

そのためには、プロのクリーニングは必須です。

しかしお気に入りの製品だからこそ、クリーニングで失敗は絶対したくない!そう思って中々クリーニング店に出せずにいる人も少なくありません。

また値段も気になるところですよね。

そこでこの記事では、レザークリーニングで人気の5社を【料金】【仕上がり日数】【洗い方】【オプション】などを徹底比較していきます。

また、レザー(革)製品のクリーニングを絶対失敗しないためのお店の選び方やおすすめランキングもご紹介するので是非参考にしてみてくださいね^^

\今すぐ決めるなら/

リナビス キレイナ
皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

おせっかいクリーニングとしても話題のリナビス。
手間暇を惜しまず大切な革製品の素材の風合いを大切に、知識と経験豊富なスタッフが手作業でクリーニングします。
無料オプションが充実していて、修復やメンテナンス込みでお値段が分かりやすい。

⇒詳細はこちら

どんな素材やデザインの服でもどこよりも丁寧にキレイに。どこよりも長持ちさせる。をモットーに衣類に合わせたオーダーメイドクリーニング。

買ったときのようなキレイな状態に近づけます。

 

⇒詳細はこちら

 

【料金】【仕上がり日数】【洗い方】【オプション】【革専門店】レザージャケットのクリーニング6社徹底比較!

革製品専門店と、革製品のクリーニングを得意としている6社を徹底比較していきます。

注意してほしいのが、価格だけで絶対決めないこと。

革製品のクリーニング料金比較

ここでは、革製品のクリーニング料金の一番安いコースで比較していきます。

色補正やカビ抜きなどのオプションは含まれていません。

店名 リナビス キレイナ 革水
革製品
皮革・ブランドの衣類クリーニングコース
ジャケット/ブルゾン 1点 15,000円
(クリーニング・修復・メンテナンス)
12,000円 7,700円~
コート 18,000円 9,000円~
ベスト 7,000円 5,500円
パンツ/スカート 7,000円 7,000円~
グローブ 3,000円 3,500円
送料 無料 無料 5,400円以上で片道無料
店名 クレアン 靴専科 リフレザー
革製品
ジャケット/ブルゾン 12,000円~ 8,500円 6,000円~
コート 16,000円~ 11,000円~ 7,000円~
ベスト 8,000円 5,000円~ 4,000円~
パンツ/スカート 10,000円~ 7,000円~ 5,000円~
グローブ 6,000円 5,000円~ 2,000円~
送料 12,000円以上で無料 配送の場合別途かかる 別途往復送料
~という表記って怖いですよねw

一番安いコースでの料金は以下の2社が安いことが分かりました。

  • リフレザー
  • 革水

しかし、送料を考えると、どこもあまり変わらない印象ですね。

また、色補正やカビ抜きなどオプションを利用したい人は別途料金がかかりますので注意が必要です。

そこで次に、革クリーニングで付けたいよくあるオプションの料金を比較してみました。

オプション料金を比較

リナビス キレイナ 革水 クレアン 靴専科 リフレザー
色補正 10,000円~ 3,000円~ +6,500円~ 8,000円~ - 無料
カビ取り 無料 1,800円~ - 3,000円 - -
しみ抜き 無料 1,200円~ - 3,000円~ - -
消臭加工 - 3,000円~ - 3,000円 - -
撥水加工 - 1,800円~ - 3,000円 - 2,000円~
修復 無料 3,000円~ 場所により料金のばらつきあり ボタン1個付け直し無料 -

オプション料金はバラツキがありますね…。

まずは「どのオプションを付けたいのか」を明確にしてから決めるのが良さそですね!!

続いて、大手クリーニングチェーン店3社のレザー製品のクリーニング代も見てみましょう!

大手4社レザー製品クリーニング料金を比較

白洋舎 ホワイト急便 うさちゃんクリーニング ポニークリーニング
革コート 8,000円 6,300円~ 7,560円 6,000円~
革半コート 7,000円 - 7,560円 6,000円~
ジャケット・ジャンパー 5,500円 5,040円~ 7,560円 6,000円~

大手クリーニング店では、ホワイト急便が最安値ですがホワイト急便は、フランチャイズになるので対応できない店舗もあります。

大手チェーン店の場合、色補正など対応していないお店もあるので一度お店に持っていって相談する必要があります。

\お店選びは重要/レザークリーニングでよくあるトラブル

様々なクリーニング店のクリーニング料金を比較してきましたが、「高いな・・・」と思った方は多いのではないでしょうか?

でも、レザー(革)ジャケットは特殊な素材のため、手間暇かけるクリーニングが必須です。『安い』や『有名店だから』と安易に頼んでしまうとトラブルの原因になりかねません。

現に、yahoo知恵袋やツイッターを調査すると、以下のようにクリーニングでのトラブルに悩んでいる人も多かったです。

  • 生地にヒビが入っていた
  • 風合いが変わってしまった
  • ザラザラな手触りになった
  • 色落ちした
  • 仕上がり日数がかかる

大切な革製品。キレイにするためにクリーニングに出したのに、こんな事になったら悲しいですよね。

そこで次に革(レザー)ジャケット・製品のクリーニングで絶対失敗したくない人の為の『お店選びのポイント』をご紹介したいと思います。

 

\お店の選び方/レザークリーニングで失敗しないためのチェックポイント

クリーニング方法や乾燥方法チェックする

革製品といっても、『牛』『ひつじ』『ヌメ』など様々な素材があり、それぞれの性質に合った洗い方をしているか。乾燥方法をしているか。を見極めるのも大切です。

といっても素人では見極めも至難の業。

公式サイトに洗い方の記載が無いクリーニング店は選ばない方がいいでしょう。

心配な方は、革専門のクリーニング店にお願いしたほうが、革に対する知識も豊富なので安心です。

撥水加工の料金をチェック

革の天敵は『水』。撥水加工をする事でお手入れも簡単になるし、革の寿命も伸びます。

撥水加工は基本別途料金がかかる事が多いため事前に料金をチェックしておきましょう。

仕上がり日数を確認する

革製品のクリーニングは、手間暇がかかるため、一般的なクリーニング品と比べるとかなり時間がかかります。

早めにクリーニングに出すのはもちろん、仕上がり日数をチェックしておく事が重要です。

 

大切なレザー製品を安心して出せるおすすめクリーニング店ランキング

リナビス

皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス
料金設定 1点 15,000円
洗い方 水洗い
仕上がり 最短1ヶ月
色補正 無料
送料 無料

ココがポイント

  • 最新技術を採用し泡と水で優しく洗う
  • 素材に合わせた温度と湿度が保たれた乾燥室を使用
  • 熟練職人が風合いを保った仕上げ

リナビスは、創業60年の老舗クリーニング店。おせっかいクリーニングとして、テレビで紹介されるなど近年利用者が増えています。

革素材のクリーニングは1点15,000円と高く感じますが、洗から、キズや擦れの修復、色補正、仕上げが全てセットになったコースなので、お値段が分かりやすいのが嬉しい。

色補正は別料金となりますが、革を知り尽くした熟練の職人が1点1点手作業で革の風合いを損ねないクリーニングをしてくれます^^

\熟練の職人が1点1点手仕上げ/

公式サイトを見る

クリーニングからメンテナンスまで全て込みのコースだから安心♡

キレイナ

料金設定 ジャケット 12,000円
洗い方 水洗い
仕上がり 最短1.5ヶ月
色補正 3,000円~
送料 無料

ココがポイント

  • こうしてほしいを叶えるオーダークリーニング
  • 風合いを損ねない上質な水洗い
  • どんな服でもお任せあれ
  • 服を蘇らせる復元術
どんな素材やデザインでもどこよりも丁寧にキレイに、長持ちさせるをコンセプトに、他店で断られてしまったクリーニングでも、汚れてしまったけど諦めきれない衣類も、独自の水洗いと復元術で買ったときのような美しさに蘇らせます。

\見違えるほどキレイに/
他店で断られた革製品もキレイナで蘇る

公式サイトを見る

衣類だけじゃなくブランドバックや靴なども対応!

リフレザー(カドヤ)

料金設定 ジャケット 6,000円~
洗い方 水洗い・ドライ洗い
仕上がり 1ヶ月~3ヶ月
色補正 料金不明
送料 無料

ココがポイント

  • 革を知り尽くしている
  • 状態に合わせて洗い方を見極める

創業以来80年間、革製品の制作と販売を行ってきたKADOYAの革専門のクリーニング店。

製品の状態によって洗い方を使い分け、キレイに洗い上げるのはもちろん、長く着るために失っていた油分や栄養素を補ってくれます。

時期によって仕上がりまで3ヶ月以上かかることもあります

\長年革製品と向き合ってきた会社のクリーニング/

公式サイトを見る

レザー(革)製品の綺麗を保つ為にできる普段のお手入れ

せっかくクリーニングに出して綺麗になっても、普段のお手入れを怠っていると、カビや色落ちなどのトラブルの原因となります。

またそうなると次クリーニングに出すときにオプションが増えクリーニング代が高額になってしまいますよね。

革のお手入れって大変そうですが、最低限やっておくべき着用後のお手入れをご紹介しますので是非参考にしてください^^

ブラッシング&メンテナンス

着用した革ジャンは、ブラシを使って埃や汚れを落としましょう。また、汚れが目立つ場合は専用のクリーナーを使い、革のツヤが失われてきたら保護クリームを使って革にうるおいを与えましょう。

カビなどをエタノールで拭く方もいますが、革を傷める原因となります。

長く着たいなら、日々のメンテナンスはとっても大切です。

革におすすめのブラシは柔らかく傷が付きづらい馬毛ブラシがおすすめ

すぐにクローゼットにしまわない

革製品のトラブルで多いのが『カビ』。革は水分を吸収しやすい性質があるため、着用後は風通しの良い場所で湿気を飛ばしてからクローゼットに収納しましょう。

また、クローゼットには除湿剤を入れ、定期的に開けて換気するのがおすすめ!

濡れたらしっかりと乾かす

雨などで濡れてしまった場合は、乾いたタオルで上から抑えるように水分を吸い取り、日の当たらない風通しの良い場所に室内干ししてください。

ドライヤーなどの熱で乾燥させると革を傷めます

厚みのあるハンガーを使用

針金ハンガーなど、細いハンガーを使用すると接触している部分の革が伸びてしまうことがあります。

革ジャンは必ず太めのハンガーを使用するか、ハンガーを革が接触する部分にタオルなどを挟んで革が伸びるのを防ぎましょう!

レザークリーニングでよくある悩み

ここではレザ(革)製品のクリーニングでよくある悩みをご紹介します。

レザー製品をクリーニングに出す頻度とタイミング

普段しっかりとお手入れをしていれば、年に1回で十分です。

タイミングとしては、着用で付いた汚れや埃をそのままに保管してしまうと、汚れが染み付いて取れなくなることもあるので、クリーニングには保管する前に出すのがおすすめ!

また、革製品のクリーニングは乾燥に時間がかかるため、1ヶ月以上は見ておく必要があります。時期前はクリーニング店も混み合うため、更に時間がかかり必要な時に着れない!というトラブルにもなりかねません。

クリーニングにだしたら、一度状態をチェックし、ビニールカバーではなく不織布のカバーに変えることで通気性もよくカビの予防にもなります。

不織布カバーは100均一でも売ってます

おすすめオプション

撥水加工がおすすめ!

革製品は水の影響を受けやすく、型崩れやカビを引き起こします。撥水加工をしていれば急な雨でも革に水が染み込むことがなく、サッと拭くだけでお手入れも楽になります^^

 

この記事のまとめ

大切なレザー(革)製品を長く着るには、日々のメンテナンスと年に一回のクリーニングは必須です。

しかし、革のクリーニングは特殊。『安い』『有名チェーン店だから安心』と安易に選んでしまうと失敗の原因になってしまいます。

レザー商品のクリーニングはケチっちゃ絶対だめ!

確かな技術を持ったプロにクリーニングしてもらえば、革の寿命も伸び、長く愛用することが可能です。

 

-気になる疑問, 要望別

Copyright© 宅クリ生活|宅配クリーニング10社徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.