【YES/NOチャート】あなたに合った宅配クリーニング

クリーニングに出したのに臭い!ドライクリーニングの罠と自宅で嫌な匂いを消す方法

クリーニング後の衣類の臭いが苦手な人って結構いますよね。(好きな人はいないはず)

かえ

石油臭い時もあれば酸っぱい臭いだったり

私もこの匂いが苦手で、クリーニング店に相談しても「こうゆうもんですよ」なんて言われてしまい…。

せっかく綺麗にしたくてお金払ってクリーニングに出しているのに、これではガッカリですよね。

でも大丈夫!!その臭い自宅で取ることができます!

この記事では、クリーニングで付いた臭いを自宅で取る方法と臭いの原因についてご紹介したいと思います。

原因と対策を知れば、もうクリーニングの臭いに悩まされる事はありません♪

クリーニング後の衣類が臭い理由

クリーニングに出した後の衣類が匂う原因のほとんどが『ドライクリーニング』によるものだと言う事はご存知ですか?

ドライクリーニングとは、簡単に説明すると水で影響を受けやすい以下のような素材を石油系の溶剤で洗う方法です。

  • 毛製品
  • 水に弱い綿
  • レーヨン
  • ウール
  • いくつかの素材が組み合わさっている衣類

ドライクリーニングのメリットは、水を使わないため衣類へのダメージが少なく済むと言う事。

しかし、このドライクリーニングにこそ!臭いの元となる落とし穴があったんです。

ドライクリーニングで衣類が臭くなる3つの罠

ドライクリーニングで衣類が臭くなる原因は主に以下の3つ。

 

  1. 溶剤が古い
  2. 溶剤が残っている(乾燥不足)
  3. 汗の臭いは落ちない

かえ

では詳しく解説していきます♪

溶剤が古い

先程もお伝えしたように、ドライクリーニングは「水」ではなく、石油や塩素を原料にした「有機溶剤」を使用し水では落ちない油溶性の汚れを落とします。

ドライクリーニングで使われる「有機溶剤」は、法律により下水管から排水が行えないため、ろ過し再利用されているんです。

かえ

要は、フィルターなどで綺麗にして使いまわしているという事です。

どんなにろ過しても、繰り返し繰り返し使っていると溶剤が汚れていくのは想像がつきますよね。

ですが、溶剤の品質管理は高度なチェックとコストが掛かるため、品質管理に手を抜いているお店もあるのが現状なんだそう。

「安い・早い」というキャッチコピーに踊らされず「溶剤の品質管理」をしっかりとしているクリーニング店を選ぶべきなんですね。

溶剤の臭いが残ってしまってる(乾燥不足)

溶剤管理をしっかりとしている業者であっても、乾燥不足があるとドライクリーニング特有の「石油臭さ」が残る場合があります。

通常ドライクリーニングをした衣類は、乾燥工程で溶剤は揮発して臭いは消えるのですが、乾燥が不十分だと臭いが衣類に残ってしまいます。

汗の臭いは落ちない

ドライクリーニングは、石油系の有機溶剤のため「汗」などの水溶性の汚れを落としきることができません。

ですから、汗が染みついた衣類をドライクリーニングした処で汗の臭いは落ちないんです…。

ウェットクリーニングができない衣類の汗の臭いを取りたいのであれば、オプションで「汗抜き加工」を付けましょう!

クリーニングした服が臭う時にできる自宅での対処方法

原因は分かったけど、すぐ着たいから自宅で臭いは消せないの?こんな風に思ったら是非以下の事を試してみてください。

①ビニールを外して風通しのいい場所に干す

クリーニング店で付けられた埃よけのビニールをとり、風通しのいい場所に干して扇風機の風を当てましょう。

干すときの注意

干すときは、陰干ししてください。日当たりが良い場所に干すと衣類が日焼けして色が変わってしまう場合があります。

②臭いがきつい場合はひと手間を加える

石油系の臭いがひどい場合は、ビニールを取った衣類をお風呂に入った後の浴室に一度干し衣類に湿気を吸わせます。

その後①と同様風通しのいい場所に陰干しします。

自宅で臭いが取れなかったら

かえ

諦めて再クリーニングをお願いしましょう。

その際は必ず「ドライクリーニングの溶剤の臭いが残っている」と伝えてください。

そうする事でお店側も少なからず溶剤の状態や乾燥具合を気にしてくれるはずです。

もし再仕上を言いづらく他店でお願いする場合も同じように伝えるといいでしょう。

また、水洗いができる素材の場合は一度水洗いしてもらうとさっぱりとした仕上がりになります。

クリーニングの臭いを絶対付けたくない人は・・・

かえ

溶剤管理をしっかりしている業者に頼みましょう

これは絶対条件です。

いくら、安くて早くても汚れた溶剤で洗われたら、汚れが落ちないのはもちろん。臭いまで付いてきてしまいます。

とはいえ、チェーン店は加盟店が運営している事が多く、溶剤管理まで分かりませんよね。

また、個人店もホームページが無かったりして溶剤をどのように管理しているかまでは消費者には分からいのが現実です…。

そこで、溶剤の品質管理を売りにしている業者を調べてみたのでご紹介したいと思います。

溶剤の品質管理バッチリ!おすすめクリーニング店3選!

リネット

宅配クリーニングのリネットでは、常に洗浄液を透明な状態を保つ為に特殊な洗浄フィルターと循環器を設置しています。

これにより、特有の石油臭さをほぼ無くすことができるだけでなく、お肌にもやさしいクリーニングが特徴

初回50%OFFキャンペーン中!
安さと品質に自信あり!

せんたく便

パック料金の宅配クリーニングでは最安値のせんたく便。

有機溶剤の管理次第で洗浄に大きな差があるため、衣類を最適な状態で洗浄するためにも有機溶剤の管理を徹底しています。

仕上がりを追求したドライ溶剤へのこだわり
パック料金だから値段が分かりやすい♪

プラスキューブ

ドライクリーニングで使用される有機溶剤は汚れても捨てることができません。
通常のドライクリーニングの機械ではカートリッジフィルターという濾過装置で溶剤を管理します。
カートリッジフィルターは取り扱いが容易で便利な反面、フィルター交換直後と交換直前では溶剤の状態が大きく変わるのが欠点です。
プラスキューブではパウダー方式という吸着方式と蒸留方式の2段階の溶剤管理をしています。
溶剤は常に蒸留され酸化値・透明度・水分量も新液の状態を保ったままで洗っています。

引用:プラスキューブ公式サイトより

完全個別洗い!究極のこだわりクリーニング

大切な衣類は絶対ここ!

まとめ

クリーニングの石油系の臭いは、ドライクリーニングの溶剤が原因。

溶剤管理をしっかりしている業者であれば、実はするはずのない臭いだったんです。

かえ

知った時は衝撃でした…。

大切な洋服を長く綺麗に着る為にも、消費者である私たちも「有名・安い・早い」という事だけに惑わされずクリーニング店を選ばないとダメなんですね。

迷ったらリネットがおすすめ

リネット 初めての宅配クリーニング選びに迷ったら、初回50%OFFキャンペーン中のリネットがおすすめ。自宅やコンビニからクリーニングの受け渡しができるのに、値段も格安チェーン店とほぼ変わりません。

かえ

携帯アプリもあるので24時間好きな時間にサクッとクリーニングを申し込めるので忙しい人にもぴったりです。
リネットのおすすめポイント
  • クーポンが頻繁に発券される
  • プレミアム会員は最短2日仕上げ
  • 東京23区なら翌日仕上げも
  • 朝イチ夜イチ便で忙しい人にもぴったり
\プレミアム会員申し込みで50%OFF/

プレミアム会員は最大2ヶ月無料! 無料期間中に解約すれば会員費ゼロ!