【YES/NOチャート】あなたに合った宅配クリーニング

ドライクリーニングに適した素材やマークの基礎知識。店舗より宅配がお得な理由。

<>ドライクリーニングって実際どんな洗い方なのか知っていますか?

なんとなくデリケートな衣類向けの洗い方なんだろうなとは思いますよね。

洗濯機にもドライコースがあるから「クリーニングに出す暇がないときは家で洗っちゃう」なんてしていませんか?

実は、ドライクリーニングと洗濯機のドライコースは全く別のもの!

知らずにドライクリーニング品をご家庭の洗濯機のドライコースで洗濯すると、衣類を傷めてしまうこともあるようです。

[chat face=”aseru.png” name=”かえ” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow”]違いを知らずに大切な衣類を傷めてしまったら残念ですよね…。[/chat]

大切な洋服のためにも、ドライクリーニングとはなにか?を学んで衣類に適したクリーニングをしましょう♪

お得にドライクリーニングする方法もご紹介します☆

今なら初回50%OFF

↓リネット公式サイト↓

ドライクリーニングとは?


ドライクリーニングとは<>水を使わず揮発性の有機溶剤を使う洗浄方法

有機溶剤は石油や灯油などと同じ油で、水を使わないため衣類への負担を抑えることが出来きます。

[chat face=”yubisasi.png” name=”かえ” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow”]1830年頃にフランスで開発され、今に至るまで広く使われている洗浄方法です。[/chat]

ドライクリーニングのメリット

水分を含まない有機溶剤で洗うので、水分を含むと起こりがちな衣類のシワや型崩れ、縮みや色落ちがしにくいというメリットがあります。

また、化粧品やチョコレートなどの油性の汚れに効果的です。

ドライクリーニングのデメリット

油で洗うため油性の汚れには効果的ですが、その反面<>汗などの水溶性の汚れを落としにくく、汗の臭いが残ってしまうということも起こり得ます。

また、有機溶剤は使用後綺麗にし再利用されているのですが、溶剤の濾過フィルターの手入れを怠っているお店に任せてしまうと溶剤の臭いが残ってしまう、なんてことも。

大切なお洋服を預けるなら、溶剤の管理を徹底している、安心して任せられるお店を見つけましょう!

ドライクリーニングに適した素材は?

  • 毛製品
  • 水に弱い綿
  • レーヨン
  • いくつかの素材が組み合わさっている衣類
  • 水による影響を受けやすい素材
[chat face=”yubisasi.png” name=”かえ” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow”]デリケートな素材がドライクリーニングには適していますね[/chat]

ドライクリーニングマーク(洗濯表示)の意味は?


お洋服のタグについている洗濯表示マーク。それぞれの衣類に適した洗い方や干し方が明記されています。

ドライクリーニングをする前に抑えておきたい表示についてまとめました。

ドライクリーニング

パークロロエチレン及び石油系溶剤による、ドライクリーニングができます。 パークロロエチレン及び石油系溶剤による、弱いドライクリーニングができます。

ドライクリーニング セキユ系

石油系溶剤による、ドライクリーニングができます。 石油系溶剤による、弱いドライクリーニングができます。

ドライクリーニング バツ

ドライクリーニングはできません。

洗濯表示マークPとFの違いは?

パークロロエチレンや石油溶剤など、クリーニング業者が使用する溶剤についての表記です。

<>ご家庭での洗濯に使うことはないので、特に気にしなくても大丈夫ですよ。

ドライクリーニングは家の洗濯機で洗っても良い?


ドライクリーニングマークの表記がある衣類も、水洗い可能の表記があれば大丈夫です。

「ご家庭では洗えません」のマークがついていると家庭で水洗いすることは出来ません。

また、ウェットクリーニングマークも水洗いではあるものの、クリーニング店のウェットクリーニングを示しています。

<>以下のどちらかに当てはまる場合は、洗濯機では洗えません。

クリーニング店に相談しましょう。

ご家庭では洗えません

ドライクリーニングと洗濯機のドライコースは根本的に違うもの

洗濯機の「ドライコース」は、通常の水洗いより洗う水の力や脱水の加減を弱くし衣類の傷みを軽減するコース。

水洗いなので、有機溶剤を用いて洗浄するドライクリーニングとは全く違うものです。注意して下さい。

ドライクリーニングの料金相場は?


スーツ上下やコートなどは大体1000円〜4000円が相場です。

地域やお店によって価格差があり、高品質の上位コースになるほど高くなります。

ワイシャツやポロシャツなどのウェットクリーニング(水洗い)は大体300円〜600円が相場なので、ドライクリーニングはウェットに比べると高価になります。

ドライクリーニングを安くしたいなら宅配クリーニングがおすすめ

店舗型クリーニング店だと料金設定が衣類の種類によって異なり、冬物のコートやダウン、ドレスなどはパンツやスカートに比べると高くなります。

しかし宅配クリーニングは衣類の種類ではなく点数で料金が決まるパック制なので、コートやダウンでも点数が多ければ多いほど料金が安くなります♪

[chat face=”yubisasi.png” name=”かえ” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow”]ドライクリーニング品が多ければ多いほどお得♪[/chat]

厳選!宅配クリーニング業者ランキング

[1]1位 リネット


おしゃれ着やデリケートな衣類のクリーニングを得意とするリネット。

ドライ品は全て無料で<>「リファイン加工」という特別なコーティングを施してくれるので、販売されている衣類と同じ新品のような風合いに仕上がります。

さらにシミ抜きや毛玉取りも無料!注文もアプリで手軽に出来るので初めての人でも使いやすい☆

<>送料無料!現在プレミアム会員初回50%オフキャンペーン中です☆

詳細ページ公式ページ

[2]2位 せんたく便


業界最安値のせんたく便。

コートもダウンも1点あたり約698円でクリーニング出来ちゃいます!

往復送料、手数料、会費も一切かかりません。

さらにシミ抜きや毛玉取りも無料。安いだけではなく工場直営なので品質も安心。

仕上げ後も型崩れに配慮したオリジナル包装で送って貰えます。

詳細ページ公式ページ

[3]3位 リナビス


熟練職人のおせっかいなクリーニングで人気のリナビス。

送料、シミ抜き、毛玉取りはもちろん<>6ヶ月の無料保管まで無料。

シーズンオフのかさばる衣類や、次の冠婚葬祭まで出番のないドレスも、衣類専用の保管庫で預かって貰えます。保管サービスを利用するなら断然お得!

詳細ページ公式ページ

4位 ネクシー


宅配クリーニングでは珍しく単品でクリーニング出来るネクシー。

店舗型と同じように商品毎の価格設定ですが、シミ抜き、ボタン、ほつれ修理、毛玉取り無料、会員になると3000円以上で送料無料など宅配クリーニングのメリットも受けられます♪

詳細ページ公式ページ

まとめ


ドライクリーニングや洗濯表示マークについて知ると、家で洗うかクリーニングに出すべきかすぐ分かるようになりますね。

衣類に合わせて家の洗濯機とクリーニング店を使い分けましょう♪

今がチャンス!初回50%OFF

↓リネット公式サイト↓

迷ったらリネットがおすすめ

リネット 初めての宅配クリーニング選びに迷ったら、初回50%OFFキャンペーン中のリネットがおすすめ。自宅やコンビニからクリーニングの受け渡しができるのに、値段も格安チェーン店とほぼ変わりません。

かえ

携帯アプリもあるので24時間好きな時間にサクッとクリーニングを申し込めるので忙しい人にもぴったりです。
リネットのおすすめポイント
  • クーポンが頻繁に発券される
  • プレミアム会員は最短2日仕上げ
  • 東京23区なら翌日仕上げも
  • 朝イチ夜イチ便で忙しい人にもぴったり
\プレミアム会員申し込みで50%OFF/

プレミアム会員は最大2ヶ月無料! 無料期間中に解約すれば会員費ゼロ!