【YES/NOチャート】あなたに合った宅配クリーニング

浴衣のクリーニング料金てどれくらいかかるの?相場や出す頻度について

花火や夏祭りで着た浴衣、正しくお手入れしていますか?

浴衣はさらっとした生地なので汗をかいてもすぐ乾きますが、そのままにしてしまうと黄ばんでしまいなかなか落ちないことも。

そうなる前に「浴衣クリーニング 」でプロにお手入れして貰えば黄ばみやシミのケアも出来るので着用後の長期保管も安心。

ここでは気になる浴衣クリーニングの料金や注意点についてご紹介していきます。

浴衣のクリーニング料金の相場は?


浴衣のクリーニング料金て高いと思っていませんか?

実は意外と安いんです。また、最近は路面店だけでなく宅配クリーニングでも取り扱ってくれるお店が増えてきました。

相場を調べてみた結果

だいたい1500円~3000円が相場です。
帯は浴衣とセットではなく別料金で700円〜3000円が相場です。

店舗により価格設定が異なるので、お得にクリーニングしたいなら事前に料金を調べておくことが大切です。

浴衣をクリーニングに出すときの注意点

手軽に出来る浴衣クリーニングですが、浴衣によっては一般的なクリーニング方法で生地が傷んでしまうことも。特に「絞り生地の浴衣」は注意が必要です。

絞り(しぼり)浴衣は専門店へ

絞り浴衣は機械でプレスしてしまうと大事な絞りのでこぼこ部分が伸びてしまうという危険性も…。

絞りは一度伸びてしまうと元には戻らないので、着物や浴衣の取り扱いに慣れた専門店に任せするのが良いでしょう。

浴衣は何回着たらクリーニングに出すべき?

浴衣美人

浴衣を着る機会が多いと、何回着たらクリーニングに出すべきか迷いますよね。
そんな疑問について調べてみました。

目立った汚れのない場合1シーズンに1回でOK

浴衣は着るたびにクリーニングする必要はありません。

汗を大量にかいたり、食べこぼしなどの目立った汚れがある場合はすぐにクリーニングに出しましょう。

着用後は風通しの良いところで干しましょう

シワを伸ばすように手で浴衣を軽くたたき、色褪せを防ぐため陰干しします。

着物ハンガーを使い、型崩れしないように袖を広げて干すのがポイント。
着物ハンガーがない場合、物干し竿に直接袖を通すか、100均のバスタオルハンガーでも代用出来ます。

浴衣を干すスペースが取れない場合は、カビが発生してしまう可能性があるのでクリーニングに出したほうが安心です。

帯は何回着たらクリーニングに出すべき?

帯は基本的にクリーニングに出さなくて大丈夫です。

着用後、乾いたタオルや布で優しく拭き、浴衣同様風通しの良いところで干しましょう。

食べこぼしのシミなど目立つ汚れがついてしまった場合早めにクリーニング店に相談しましょう。

浴衣を家で洗濯する方法と知っておくべき3つの注意点

畳んである浴衣

浴衣によっては家庭の洗濯機や手洗いで洗うことも出来ます。
ただし、色落ちしてしまったり生地が痛む可能性もあるので注意が必要です。

方法

まずは浴衣の「洗濯表示(絵表示)」を確認します。

「洗濯機」や「手洗い」マークがあれば家庭で洗えます。
洗濯機のコース設定、水の温度の表示もあるので、表示通りに洗って下さい。

洗濯機を使う場合、袖と袖を合わせて畳んでネットに入れておしゃれ着洗剤(エマールやアクロン)で洗いましょう。

注意点①色落ち

浴衣は色落ちする可能性があるので、洗う前に必ず色落ちテストを行いましょう。

白いタオルに洗剤をつけて、浴衣の目立たないところをこすります。
タオルに浴衣の色が移ってしまったらその浴衣は家庭で洗うと色落ちしてしまうので、クリーニング店に相談しましょう。

注意点②シミ抜き

浴衣にシミがついてしまった場合、洗う前にシミ抜きが必要です。

ぬるま湯で濡らしたタオルや布で軽く叩き、汚れを落とします。
色落ちの可能性や生地を傷める可能性があるので強く叩いたり擦らないこと。

軽く叩いても落ちない、目に見えてひどいシミの場合早めにクリーニング店に相談しましょう。

注意点③帯は基本的には洗わない

浴衣と一緒に帯も家庭で洗いたいと思うかもしれませんが、帯は色落ちや傷みの原因になるので基本的には洗わないほうが良いです。

絹が織り込まれている場合、洗濯して縮んでしまう恐れもあります。
最近は手洗い可能な帯も出てきているようなので、その場合洗濯表示に従って洗って下さい。

ワンシーズンに一度くらいの頻度で十分です。
目立つ汚れがある場合は、クリーニング店に相談したほうが安心です。

浴衣はクリーニングしたほうが安心

浴衣は目に見えづらい汗染みだけでなく、食べこぼしや裾の泥汚れなど意外と汚れがつきやすいものです。

細かい部分のケアまで考えると、クリーニングが手軽で安心です。
またお店によっては汗抜きやシワになりにくい加工もしてくれたり、長期保管してくれるサービスもあります。

浴衣をお得にクリーニングするなら宅配クリーニング

宅配クリーニングでも、浴衣を取り扱っているお店があります。

宅配であれば、事前に夏祭りや花火大会後にあわせて集荷依頼をしておけるのでわざわざ店舗に持っていかなくても取りに来てもらえるので楽ですよね。
仕上げ後も自宅に届けてもらえるので、忙しいときや他の衣類とまとめて出したいときに便利です。

さらに宅配クリーニングは

  • シミ抜き無料
  • 再仕上げ無料

なので初めて浴衣をクリーニングに出すときも安心して任せられます。ここでは

浴衣を取り扱っているおすすめ宅配クリーニングを紹介します。

業界最大手、利便性と高い品質で人気のリネット

宅配クリーニング業界最大手のリネットでは、通常料金「3100円」で浴衣の取り扱いがありますが、初回キャンペーンを利用すると半額の「1550円」で利用出来ます!

また、+400円で抗菌、消臭、防臭の「潔癖加工」をしてくれます。

浴衣帯も通常価格3100円なので、キャンペーンを利用すれば浴衣一着分の料金で浴衣と帯をクリーニングすることも出来ます。

お手頃価格が魅力の老舗クリーニング、ネクシー

長崎県島原市の老舗クリーニング店が運営する宅配クリーニング。
リーズナブルな価格でプロにお任せ出来ます。

浴衣はメンバーズ価格「1530円」、帯は「660円」とお手頃価格。
シーズン中に何度かクリーニングしたい人におすすめです。

職人の丁寧な手作業で話題!「おせっかいクリーニング」のリナビス

手間ひまかけて職人が全ての工程を手作業で行ってくれることで話題の「リナビス」。シミや汚れが目立つ場合に安心して任せられるクリーニング店です。

また、6ヶ月の長期保管サービスもあるのでシーズンオフの利用もおすすめです。

ただし単品の取り扱いがなくコース制なので、最低でも5品まとめてクリーニングに出す必要があります。

まとめ

お気に入りの浴衣はなるべく綺麗に保ちたいですよね。

家庭で洗えるものは家庭で、少しでも不安があるならクリーニングへ。お手持ちの浴衣を確認して、かしこく使い分けましょう!

迷ったらリネットがおすすめ

リネット 初めての宅配クリーニング選びに迷ったら、初回50%OFFキャンペーン中のリネットがおすすめ。自宅やコンビニからクリーニングの受け渡しができるのに、値段も格安チェーン店とほぼ変わりません。

かえ

携帯アプリもあるので24時間好きな時間にサクッとクリーニングを申し込めるので忙しい人にもぴったりです。
リネットのおすすめポイント
  • クーポンが頻繁に発券される
  • プレミアム会員は最短2日仕上げ
  • 東京23区なら翌日仕上げも
  • 朝イチ夜イチ便で忙しい人にもぴったり
\プレミアム会員申し込みで50%OFF/

プレミアム会員は最大2ヶ月無料! 無料期間中に解約すれば会員費ゼロ!